京大卒リーマンの副業投資術

~ ほったらかし投資 と 節約術 で人生を楽にしよう ~

THEO

【THEO 27か月目】投資額280万円。運用成績マイナス6.53%!!

投稿日:

THEO(THEO+ docomo)の20年7月末時点成績は、積立金額総額280万円、運用成績はマイナス6.53%となりました。6月よりも2%近く回復し一安心です。

本ブログでは、20年7月末の投資成績を紹介します。

スポンサーリンク

時価評価額推移

図:時価評価額推移

2020年1月からの時価評価額推移です。積立投資なので表からはわかりづらいですが、収支率が毎月改善しています。毎月一定額を追加購入しているので、下がったタイミングで購入していることが早く回復している理由の一つですね。

3月には40万円を超えていた赤字が、やっと20万円を切ってきました。歯を食いしばって積立投資を継続して良かった。。。長期投資と言っても、含み損を抱え続けるのは精神的に辛いもんですよね。まぁ完全にお任せ投資なので、個別株投資と比べるとストレスは全然ありません。

今までの運用実績はこちらでまとめてますので、よろしければどうぞ。

機能ポートフォリオ別収益率

THEOでは、個人の年齢や資産状況などに合わせて、グロース・インカム・インフレの3つのポートフォリオを組み合わせて運用してくれます。20年7月期は、資産比率の高いグロース(株式中心)が回復してくれたこと収益率への貢献が大きかったです。

やはりグロース(株式系)がポートフォリオの61%を占めるので、ここが回復しないとなかなか全体収益率は回復しないのです。米国を中心に7月は株価の回復が力強かったですが、7/30に4-6月期のGDPのマイナス成長率が発表されたり、しばらく予断を許さない状況ですね。

 収益率 (前月分)時価評価額 (前月分)
グロース
(株式中心に運用)
-15.42% (-18.02%) ¥1,459,820 (¥1,391,819)
インカム
(債券中心に運用)
-0.64% (-0.39%) ¥788,568 (¥738,129)
インフレ
(実物資産中心に運用)
-11.59% (-14.28%)¥379,136 (¥344,429)
現金など  ¥1,797 (¥5,078)
合計-6.53% (-8.61%) ¥,2629,391 (¥2,479,455)
表:機能ポートフォリオ別収益率
スポンサーリンク

まとめ

THEOは本当に完全放置しています。買付やリバランスを自動でやってくれる、「AI投資」は素晴らしいですね。

日経平均やS&P500の指数取引で利益を稼ぎつつ、THEOには是非安定した土台の役割を担ってほしいので、これからも積立投資継続です。

投資は「習うより慣れよ」なので、最初の一歩が踏み出せない方は、一万円から投資できるTHEOで一歩を踏み出してみては如何でしょうか?

THEOのお得な申し込みキャンペーンはこちらをどうぞ。

THEO+ docomoキャンペーン

THEO+ docomoでは、運用額の最大0.18%がdポイントで還元されます。元々安価なTHEOの実質手数料を下げることができます。THEO+ docomoの申し込みは、こちらをどうぞ。

スポンサーリンク(THEO+ docomoはこちらから)

THEO+docomo

スポンサーリンク

-THEO


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

[THEO+ docomo] 株価が急落している今こそ始めたい投資手法

12月に入って、個人投資家にとって厳しい投資環境が続いています。日経平均は先週末比5.9%の下落、11月末比9.9%の下落です。この下落は米国・中国間の貿易摩擦を起因としているので、ダウ平均株価指数も …

THEOアプリの主な機能を紹介!THEO+ docomoも対応。

THEO(テオ)やTHEO+ docomo(テオプラス ドコモ)は、 世界資産への分散投資 AIの自動運用によるほったらかし投資 投資残高に応じたdポイントのポイント還元 の3つの特長がある新しい投資 …

[THEO+ docomo] 積立投資額が100万円突破。運用成績や投資銘柄を分析してみたよ。

あなたは資産運用してますか?お金を増やそうとやってはみたが、減ってしまって残念な思いをした方もいるかもしれません。 投資リスクを下げるためには、複数の投資先に分散する「銘柄分散」と、投資タイミングを分 …

[THEO]19年1月の運用実績は収益率-2.95%

THEO (THEO+ docomo)は19年1月末時点で積立金額総額は80万円、投資成績はマイナス2.95%となりました。前月に比べて4%以上の回復。長期投資前提の積立投資なので、気長にのんびり構え …

THEOサービスを徹底比較。あなたが選ぶべきはどれ?(THEO, THEO+ docomo等)

AI資産運用サービスのTHEOは、THEO+というパートナープログラムを展開しています。 THEO+は、2017年4月の開始から1年あまりで17社に広がりました。 代表的なものだけでも、SBI証券、J …